ChipSIPのスマートグラス(Smart Glass)の評価ボードを入手した!

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

DSC01943 ChipSIPのワンチップAndroidデバイスの新製品 Newton32(ARM Cortex-A9 Dual)を使用したスマートグラスの評価ボードが昨日届いた。 DSC01945 よく、スマートグラスはハードの問題じゃなく、ソフト次第だ!と言う人がいるけど、実際にそれっぽいボードを眺めてみると、スマートグラスを商品化するにあたっての色々な問題がわかってきた。 そういう意味では、やはりグーグルグラスは何度も作りなおしているだけの事があって、とても完成度が高いと思う。 国内でスマートグラスを製品化したい会社は、ChipSIPのワンチップAndroidを使えばそれなりの雰囲気のスマートグラスはできると思うけど、1年やそこいらで製品化は難しいと思う。 克服すべきハード的な問題点はかなりあると思う。 DSC01950 勘違いしている人が多いので改めて説明すると、ChipSIPは台湾の半導体会社で、あくまでも自社のNewton32チップを売るためにスマートグラスの評価ボードを作ったに過ぎません。 Newton32チップはCPU+FLAS+DRAMがワンチップになっているので、ガジェットをとても小型に作ることができます。 以前のNewton29チップの時は、HDMIドングルをターゲットにして、評価ボードを作っていました。 ですので、ChipSIPがスマートグラス用のモジュールの販売をしたり、ましてやスマートグラスを発売するわけではないのです。 日本でスマートグラスを作りたい人向けのBSP(Board Support Package)としての位置づけです。
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

One thought on “ChipSIPのスマートグラス(Smart Glass)の評価ボードを入手した!

  1. Pingback: テレパシージャパン社の「ドローン・パイロット・ソリューション」発表の補足 | 暇村工房

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です