SolidRun社からFreescale i.MX6を使用したRaspberry Pi互換のHummingBoardが発売

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

HummingBoard先日のAllwinner A20を使用したRaspberry Pi互換のBanana Piの登場には驚きましたが、今度は、Cu-Boxを販売しているSolidRun社からFreescale i.MX6を使用したRaspberry Pi互換のHummingBoardがもうすぐ発売されることがわかりました。 こちらはi.MX6を使っているので、一応、半導体メーカーとしては長期供給を保証しているので、組み込み案件にも対応できるかもしれません。
主なスペック
  • ・SoC = Freescale i.MX6 Quad @ 1 GHz with Vivante GC2000 3D GPU. The microSoM also comes in solo and dual flavors, and although it’s likely the HummingBoard will be sold with these variants too, it’s not 100% confirmed
  • ・System Memory – 2 GB RAM
  • ・Storage – micro SD card slot, mSATA connector, and optional eSATA (shared with USB?)
  • ・Video output – HDMI, and LVDS
  • ・Audio I/O – HDMI, 3.5mm stereo jack, and Coax S/PDIF output
  • ・Connectivity – Gigabit Ethernet + Wi-Fi and Bluetooth module (BCM4329)
  • ・USB – 2x USB 2.0 ports, 1x micro USB for power
  • ・Expansions
  • Raspberry Pi compatible headers (26-pin P1 header only), Camera connector (CSI), LCD connector (DSI)
  • 8-pin header for FlexCAN
  • mini PCIe connector
  • ・Misc – RTC, IR receiver, LEDs
  • ・Dimensions – Not explicitly specific, but they should be the same as the Raspberry Pi.
DRAMが2MB、WiFi、Bluetooth搭載という所が特徴かな?
参照 SolidRun HummingBoard is a Raspberry Pi Compatible Board Powered by Freescale i.MX6
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください