Raspberry Piを使ったHD FPVカメラをドローンに搭載

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

Raspberry Piを使ったHD FPVカメラをドローンに搭載

DSC_1015もしかして日経Linuxの連載と一部かぶった内容なのかもしれない。日経Linuxの連載はPhantom2にラズパイのカメラを搭載する方向なので、その部分は同じやり方かな?

このラズパイ、FPVの画像処理(カメラで撮ってエンコードして送信)だけでなく、テレメトリ情報もPIXHAWKから受け取ってラズパイのWiFiから伝送している。これはたぶん始めてじゃないかな?

Dronecodeもそうだけど、オープンソースのフライトコントローラではこういうことも可能なので、実験の幅が広がって研究開発のプラットフォームとしては持って来いだと思う!

詳しくはこちらから

[DIY Rasberry PI HD FPV & wifi telemetry Pix hawk – DIY Drones]

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です