5月 17

近藤科学、全段メタルギヤを採用したハイパワーロボット用サーボを発表

011l近藤科学が新型のコアレスモータを採用し、コンパクトながら最大トルク25.0kgf・cmを実現。ギヤも全段メタルギヤに変更し、従来より耐久性を向上させたロボット用コアレスモーターを発売 通信仕様はICS3.5でシリアル、PWMともに使用できるほか、「KRS-2552RHV」および「KRS-2542HV」とケースは同寸 法、ロボットのパーツを取り換えることなく無加工で交換することが可能。特に「KHR-3HV」の足サーボを交換することで、安定性が向上する。 Continue reading
5月 06

SmartAP(Smart AutoPilot)の新バージョンがリリース

scheme_diagマルチコプター用のフライトコントローラとしてはオープンソースのAPM(Open source autopilot)が有名ですが、CPUパワーを増大させたSmartAP (Smart AutoPilot)と言うボードもあり、新バージョンのファームウェアでかなり高精度の自動運転が出来るようになったみたいです。 マルチコプターの制御にはかなりの演算能力が必要なのでCortrx-M4を使用したこのSmartAPは本命になりうるかもしれません! Continue reading
5月 04

Banana Piのハンズオン&レビュー

140504-0001先日Allwinner A20を使ったRaspberry Pi互換のBanana Piボードが発売と言う記事を書きましたがさっそく入手し、レビューした動画がアップされていました。 一見してわかるように、Raspberry Pi と比べて、基板周辺のコネクタが増えており、基板の大きさも一回り大きくなっています(以前の写真では比較が出来なかった)。 Continue reading
5月 02

AllWinner社製 A80 big.LITTLE SoCを搭載したPcDuino8が発表 #ARM

pcduino8AllWinner社製A80(A15とA7のocta-core)の big.LITTLE 28nmプロセスのSoCを搭載したPcDuino8が発売になるみたいです。 このボードの良さはなんといっても、Arduinoシールドが使える可能性があるコネクタが用意されていることで、AllwinnerのSoC特徴でもあるSATAもしっかり用意されている様ですが、SoCではサポートしておらず、USBにSATAのICが付くのかな〜 GPUは残念ながらPowerVRのG6230(64Core)でMali-6xxじゃないです orz Continue reading
4月 22

SolidRun社からFreescale i.MX6を使用したRaspberry Pi互換のHummingBoardが発売

HummingBoard先日のAllwinner A20を使用したRaspberry Pi互換のBanana Piの登場には驚きましたが、今度は、Cu-Boxを販売しているSolidRun社からFreescale i.MX6を使用したRaspberry Pi互換のHummingBoardがもうすぐ発売されることがわかりました。 こちらはi.MX6を使っているので、一応、半導体メーカーとしては長期供給を保証しているので、組み込み案件にも対応できるかもしれません。 Continue reading
4月 21

Allwinner A20を使ったRaspberry Pi互換のBanana Piボードが発売

Banana_Pi待ちに待ったCortex-A7を使ったBanana Piという(ホントにそんなのがあるのか?と思うけど)Raspberry Pi互換のボードが発売された!お値段は$57と言うことで、無難な価格 Raspberry Piの問題点は、ブロードコムのSoCが一般的に手にはいらない為に、組み込みに使えないというデメリットがありました。もともと、Raspberry Piは教育目的だったので、組み込みに使う必要は無いのですが、やはり製品に使ってみたいという気持ちは起こります。A20は国内でも小ロットで手に入るようになったので、プロトタイプをBanana Piで行い量産への道もひらけます。 Continue reading
2月 16

噂の ARM 64bit 開発者向けボードがついに登場! #ARMjp #ARM

かねてから噂のあったARM 64bitの開発用ボードが姿を現しました!

Applied_Micro_X-C1 Applied Micro X-GeneはARM 64bit CPUでは世界初の製品で、サーバー用途が目的のCPUです。 とうぜん、社内の開発もサーバー用だったために開発者向けに64bit CPUが提供されない状態でしたが、サーバー用のボードからシングルCPUだけを切り出した開発者向けボードがやっとお目見えしました!

Continue reading

1月 06

AllWinner A20を搭載したPico ITX ボードがseeedから登場!

seeedから AllWinner A20を搭載した Pico ITX ボードが発売

PhoenixA20 本家のANICHIPSからは$59で発売されていて、seeedだと$63.8で発売される。 (PhoenixA20 – First Pico-ITX board using Allwinner SoC only $59 – Anichips Technology) 色んな物をまとめて買うならseeedから買うのが良いのかな! (PhoenixA20 – First Pico-ITX board [800113001] – $63.80 : Seeed Studio Bazaar, Boost ideas, extend the reach) Android以外にちゃんとUbuntuもサポート(ソースもあるし!)されていたりして、RockChipよりやっぱり使いやすそうだな〜 Continue reading
1月 06

CES2014で発表されたスマートレンジ

今日からCES2014が開幕したようですが、さっそく面白い物が報告されていました。 nexusae0_1_thumb

今までは、電子レンジとか、洗濯機とか冷蔵庫とか俗にいう「白物家電」のスマート化でしたが、今年はガスレンジがスマート化されています!

さすがにこういう発想は無かったな〜

Youtubeに動画が上がってたので追加しました

Continue reading
11月 11

ChipSIP社製 Dual CoreのワンチップAndroidの評価ボード

IMG_1143 ChipSIP社のワンチップAndroid「Newton32」の評価ボードが届きました。ET2013までに間に合って良かった〜! このチップは先に紹介した「ChipSIPのスマートグラス(Smart Glass)の評価ボードを入手した」の評価ボードに使われているチップと同じもので、ワンチップAndroid「Newton32」のほぼ、フルファンクションが評価できるようになっています。 写真のように、タブレット的な機能に加え、Ethernet、HDMI、USB HOST 2ポート、USB Finction、GPIO、9軸センサ(加速度、角速度、地磁気)、WiFi、Bluetooth、GPS、ステレサウンド再生、2chマイク、SDカード、SIMカード、カメラなどなどの評価が可能になっています。 Continue reading