11月 02

DJIからnVIDIA Tegra K1を使用したPC「MANIFOLD」が発売 #Drone #DJI #ドローン

これは大ニュースだ!
DJIからnVIDIA Tegra K1を使用したPC「MANIFOLD」が登場!
 
medium_Manifold-6なるほど、Matrice 100って、このためだったのか〜!
 
・しかもたったの67,400円
・USB, Ethernet, Mini-PCIe, HDMI, UART, SPI, I2Cをサポート
・11 x 11 x 2.6cm
・たったの200g
・MAX 15W
・OSにはUbuntuを搭載し、CUDA, OpenCV, ROSをサポート
 

Continue reading

8月 03

フリースケールのi.MX7搭載の96BoardがQ4/2015にリリース( #ARM #Linaro #96Boards )

当初の発表通り96Boardsがどんどんリリースされています。今回で第4弾?

今度はフリースケールの新製品i.MX7での96Boardsです。

Freescale_i.MX7_96Boards

i.MX 7Dual 搭載とのことなので

  • 2x ARM Cortex A7 @ 1.0 GHz with 512KB L2 cache, 256KB SRAM, 96KB ROM

と、さほどパワフルではありませんが、32bitのローエンドの組み込みを狙える96Boardsになりそうです。

主要スペック Continue reading

7月 26

Raspberry Pi 互換の40pinコネクタとWiFi/Bluetoothを装備した超小型の$16のNanoPiボードが発売( #Raspberry_pi #IoT #ARM )

Raspberry Pi互換の40pinコネクタとWiFi/Bluetoothモジュール、カメラ/LCDコネクタ。それにデバッグ用のシリアルポート、I2S、I2Cポートを装備

このボードはアリ!ですね。NanoPiボードの完成度が素晴らし!

nanopi_zb

なんといっても、これだけ基板を小型にして、ちゃんと組み込んで使ってもらえるように4つのマウントホールが用意されている。小型化ばかりを目指すとこういう部分を疎かにして製品レベルから商品レベルになれない基板が沢山あるけど、これはちゃんとしてる。本当に量産で使ってもらいたいともうなら、まずこういう所が重要。カタログスペックにあらわれないけど、本当に重要。

シリアルポートもコンソール用に独立してコネクタが付けられていたり、超小型の割にはとにかくよく考えられた基板だと思う。

基板の裏を見ても手抜きした感じが見当たらない。

nanopi_bb

実に手間のかかった基板で、設計も手を抜いてないんだろうな〜と察しがつく。よくこの基板で$16が可能だな〜。シルクの配置も手抜きがない。デバッグしやすい。

NanoPiスペック:

Continue reading

7月 22

Pythonの IoT Design suite「VIPER」がリリース! #IoT

2chで話題のVIPかと思ったらViper Is Python Embedded in Real-timeと言う意味なんですね!

もともとはキックスターターでゴールしたプロジェクトで、32bit ARMやArduino、UDOO、Particle、STM32 Nucleo等をサポートするみたいです。

150722-0003

取り敢えず、RubyじゃなくてPythonを勉強してよかったなと!

詳しくは下記から

[VIPER | The Python IoT Design Suite]

[VIPER: Python IoT design suite is now available! | Open Electronics]

7月 18

Cortex-M4Fを内蔵したWiFiモジュール EMW3165をMXCHIP社が発売 #ARM

Cortex-M4Fを内蔵したWiFiモジュールEMW3165をMXCHIP社が発売

当然というか、残念ながら技適は通っておらずFCCのみですが、こういうのでmbedが動くと良いよな〜(と無い物ねだり)

EMW3165の外観

EMW3165

EMW3165モジュールの仕様

Continue reading

6月 30

AMDのサーバー向け64bit SoC(Opteron A1100)を搭載した小型組み込み向け96Boardsが発表

AMDのサーバー向け64bit SoC(Opteron A1100)を搭載した小型の組み込み向け96Boardsが発表されました

96Boardsには2種類あり、ひとつは今まで発表されたRaspberry Piみたいな形状と大きさの物と、今回発表されたmini/nanoITXの様な形状の製品です。

AMD_96Boards今回発表されたボードは、基本的にはエンタープライズ(サーバー用)向けのSoCを使った96Boardsとなり、SoCの特徴としては、ハイパフォーマンス、SATA、PCIeなどが特徴で、今までのボードはスマホ/タブレット向けの省電力、カメラI/F付きのSoCが使われています。

Continue reading

5月 28

Allwinner H3 搭載の「Orange Pi 2」がリリース #ARM

Allwinner H3 搭載の「Orange Pi 2」がリリースされました

Raspberry Pi 2への対抗でしょうか?性能もほぼ互角かな?

Orange_Pi_2 (1)

 

仕様:

  • SoC – Allwinner H3 quad core Cortex A7 @ 1.6 GHz with 256KB L1 cache, 1MB L2 cache, and an ARM Mali-400MP2 GPU up to 600 MHz
  • システムメモリー – 1GB DDR3
  • ストレージ – micro SD card slot (up to 64GB)
  • ビデオ出力 – HDMI (CEC and HDCP support), AV port
  • オーディオ – HDMI, AV port, on-board microphone
  • ネットワーク – 10/100M Ethernet, 802.11 b/g/n Wi-Fi (Realtek module, not found on mini version)
  • USB – 4x USB 2.0 host ports, 1x micro USB OTG port
  • カメラ I/F – CSI Interface
  • 拡張ピン – 40-pin Raspberry Pi Model A+/B+ (mostly) compatible header with 28 GPIOs, UART, I2C, SPI, PWM, CAN, I2S, SPDIF, LRADC, ADC, LINE-IN, FM-IN, and HP-IN
  • デバッグポート – 3-pin UART header for serial console
  • その他 – IR receiver; Power, reset, and u-boot buttons; Power and Ethernet LEDs
  • 電源 – 5V/2A via barrel jack (micro USB OTG cannot be used to power the board).
  • 大きさ – 93 x 60 mm
  • 重さ – 46 grams

詳しくは下記へ

Read more: http://www.cnx-software.com/2015/05/27/allwinner-h3-based-orange-pi-2-board-price-drops-to-as-low-as-25/#ixzz3bOTFof5X

5月 28

Actions Semiconductorの64bit ARM 96boards「Bubblegum-96」が登場 #ARM #Linaro

Actions Semiconductorから64bit ARMの96boarsが発表されました。

150528-0002

 

Wifi,BTは安定のHikeyと同じ技適が通ったモジュールを使用してるみたいだな〜!

スペック:

  • Actions S900 Quad-core 64bit ARM Cortex-A53 with PowerVR G6230 GPU
  • Memory 1-8GB DDR3, Storage support 4-64GB eMMC
  • HDMI,
  • USB2.0 host and Micro USB2.0,
  • WIFI.Bluetooth

詳しい動画は下記へ

Actions Bubblegum-96 Linaro 96Boards.org development board on quad-core ARM Cortex-A53 – ARMdevices.net

5月 14

サムソンがIoT向けSoC(Artikファミリー)を発表

Artik_10_Block_Diagram

IoTというより、組み込み向けSoCですね。ルネサスのRX/RZシリーズに相当しそう。

DDRなどがPOPになってるので、ボードの設計が楽で良いよな!

  • Artik 1
    • SoC – Dual Core MIPS32 processor @ 250MHz (microAptiv UP) and 80MHz (microAptiv UC) without GPU
    • Memory – 1MB RAM on-chip
    • Storage – 4MB SPI flash
    • Display – Up to WVGA (800×480)
    • Connectivity – Bluetooth Low Energy with chip antenna
    • Security – Secure element
    • Sensor – 9-axis motion sensor with gyroscope, accelerometer and magnetometer
    • Dimensions – 12×12 mm
  • Artik 5
    • SoC – Dual core ARM processor @ 1GHz with ARM Mali 400 MP2 GPU
    • Memory – 512 LPDDR3 (on-chip)
    • Storage – 4GB eMMC (on-chip)
    • Display – TBD
    • Video Decode/Encode – H.263/H264/MPEG-4/VP8 (720p)@30fps and decoding of MPEG-2/VC1/Xvid
    • Connectivity – Wi-Fi, Bluetooth Low Energy, Zigbee/Thread
    • Security – Secure element, TEE (Trustzone)
    • Expansion – 60-pin and 40-pin headers for USB, MIPI, I2S, I2C, SPI, UART, Analog inputs, etc…
    • Sensor – N/A
    • Dimensions – 29x25mm
  • Artik 10
    • SoC – Octa core processor with 4x ARM Cortex A15 @ 1.3GHz, 4x ARM Cortex A7 @ 1.0 GHz, and ARM Mali-T628 GPU
    • Memory – 2GB LPDDR3 (on-chip)
    • Storage – 16GB eMMC
    • Display – TBD
    • Video Encode/Decode – 1080p@120fps H.263/H.264/ MPEG-4/VP8 + MPEG-2/VC1 decoding
    • Audio – HW 5.1 Channel I2S + TDM up to 8 Channels + HW mixer 
    • Connectivity – Wi-Fi, Bluetooth Low Energy, Zigbee/Thread
    • Security – Secure element, TEE (Trustzone)
    • Sensor – N/A
    • Expansion – 80-pin and 40-pin headers for USB 2.0/3.0, MIPI, I2S, I2C, SPI, UART, Analog inputs, etc…
    • Dimensions – 39×29 mm
5月 14

MedhiaTekがbig-LITTLEではないTri-Cluster構成のSoCを発表

528bd045e3c60cc7b3cdf6888b9661b6-500x282

こういうの凄いな〜と思うわけです。10コアとかはどうでもいいんだけど。

噂ではQualcommもTri-Clusterの製品を企画しているみたいだけど、正式発表はこちらが先かな?

今までのgig-LITTLEのLinuxはLinaroが先導してきたけど、Tri-ClusterのLinuxはどうするんだろう?MeduaTekが独自に開発するのかな〜?こういう3クラスタの構成なんかを独自に思いつくわけでもないので、ARMが当然サポートしてるとは思うけど、とにかく凄い!と思う。

台湾MediaTek、10コアSoC「Helio X20」を正式発表 | GGSOKU – ガジェット速報