5月 14

Allwinner R8(Cortex-A8)を使用した$9のボード

CHIP_Allwinner_R8この種のボードがたくさん出回り始めた。WiFi/BTが載ってるので日本に持ってくるのは辛いかな。
CHIPSはやめて欲しいな〜、Chips & Technologyのロゴを連想してしまうw

C.H.I.P specifications:

  • SoC – Allwinner R8 Cortex A8 processor @ 1 GHz with Mali-400 GPU (Compatible with Allwinner A13)
  • System Memory – 512 MB RAM
  • Storage – 4GB NAND flash
  • Connectivity – 802.11 b/g/n Wi-Fi + Bluetooth 4.0
  • Video Output – 3.5mm jack for composite video and audio (HDMI and VGA available via adapters)
  • USB – 1x USB host port, 1x micro USB OTG port
  • Two expansion headers
  • Power – 5V via micro USB OTG or battery
  • Dimensions – 60 x 40 mm

 

CHIP is a $9 Linux Development Board Powered by Allwinner R8 (Crowdfunding)

5月 30

ワイヤレスジャパン2013に行って来た(M2M 通信モジュール編)


ワイヤレスジャパン2013に行って来た(Mozilla Firefox OS編)に続き

次はM2Mの通信モジュールです。まあ、パッと使えそうなのは2件だけでした。
今やってるワンチップAndroidって、Android機器を作るということより、実際は超小型のM2Mコントローラとかサーバーに使えるのじゃないかと思って、それに必要な通信モジュールを探してみました。

おなじみDigiさんの

  • 製品名:ConnectCard for i.MX28
  • CPU:ARM9 454MHz
  • WiFi:802.11 a/b/g/nとBT4.0
  • 特徴:mini PCIeのフォームファクターのエッジコネクタにGPIO、ADC、UART、USB、SPI、I2Sなどを出力し、カード上のコネクタからはLCD I/Fもあり




  • 製品名:ConnectCard for i.MX53
  • CPU:Cortex-A8 1GHz
  • WiFi:802.11 a/b/g/nとBT4.0
  • 特徴:動画再生も可能なモジュール。Armadilloの対抗馬かな?



と言う事で、これらのモジュールに載っているRFモジュールも単体で販売しているので、そのモジュールを乗っけて、ワンチップAndroidと組み合わせたら、これより小さいモジュールが完成すると確信しました!TELEC取れてるし、まずはこちらでやるのも良いかなと!

次はラジコンのプロポでお馴染みの双葉電子工業の映像を飛ばす無線モジュールです。これは今年の夏ぐらいに発売予定らしいのですが、ちゃんと動いていました。
上のボードが無線モジュールで、下のボードがNTSCの信号を受けて、圧縮してモジュールに信号を出しているようです。
これも、ワンチップAndroidを使いH.264でエンコードして、RFモジュールに送ると地上からラジコンの無線操縦に使えます。

あ、ちなみに、これを説明してくれた双葉の人はRTの中川社長さんを知ってましたよw!


5月 09

Firefox OSをGalaxy NEXUSやGalaxy Sにポーティングしたブログの紹介


今日(5/8)から組み込みシステム開発技術展(ESEC)で、会社もそこでブースを出してたので、今日から3日間説明員でたつ予定です。

今日は、そこに@androidsolaさんが来てくれて、私が、

「展示しているワンチップAndroidにFirefox OSを乗っけたいんだけど、どうだろう?」

って聞いたら

「TV用途の横向きの画面だとまだちゃんと動かないよ」

みたいな話をしてくれました。要するにGaia層を横向きでもちゃんと表示できるように書き換えればOK!

その時、おもむろに、Firefox OSが乗ったGalaxy NEXUSとGalaxy Sを取り出し、綺麗にフィットしたFirefox OSを見せてくれ、

「今朝、これ関係のブログをアップしたから!」

そこで、私もおもむろに、

「このへんのことを今度のWebプラットフォーム勉強会http://atnd.org/event/WebPlatformで話してよ!」

と言っては見たものの、帰ってきて、ブログを見たら相変わらず凄い!!!

Keon と Peak が届かないので、Nexus S を Firefox OS 端末にしてみた
http://blog.sola-dolphin-1.net/archives/4450956.html
表題だけで泣けますたw

Keon と Peak が届かないので、Galaxy Nexus を Firefox OS 端末にしてみた
http://blog.sola-dolphin-1.net/archives/4450974.html
こちらも同じく表題だけで泣けますたw

Keon 向けに Firefox OS をビルドしてみる
http://blog.sola-dolphin-1.net/archives/4450977.html
更に、追い打ちをかけるように
Peak が届いてないので、ビルドまでの手順(想像)動作してる様子は妄想することにする。と書いてあるw

Peak 向けに Firefox OS をビルドしてみる
http://blog.sola-dolphin-1.net/archives/4450979.html
こちらも同じく!

私は運良く、共同購入で両方手に入れられ(ているはず!まだ、共同購入者の手元にあるのでw)たのですが、PeakもKeonも無くても、想像と妄想で開発は出来るんだなと!脱帽ですwww

2月 07

Cortex-A7/A8と同等レベルのAndroid向けプロセッサコア、ロイヤリティフリーで登場



スロベニアのBeyond Semiconductorが、ロイヤリティフリーの32ビットプロセッサコア「BA25」を発表。『Cortex-A7』、『Cortex-A8』と同等レベルのプロセッサでオプションで浮動小数点演算ユニットも組み込めるらしい。初期費用のみ支払えば、あとは生産台数にかかわりなくロイヤルティフリーで利用できるというもライセンス形態。

Beyond Semiconductorの共同創設者のDamjan Lampretって、OpenCoresを設立し、「OpenRISC」の開発を主導した人なんですね!だからGCCやLinuxが用意されてんですね。なるほど!


概略スペック
Features
・High Performance 32-bit CPU
・Seven-Stage Pipeline
・Out-of Order Completion
・Sophisticated Branch Prediction
・Optional Floating Point Unit
・1.7 DMIPS/MHz
・2.0 Coremarks/MHz
・800+ MHz on TSMC 65nm LP

Efficient Power Management
  • Dynamic clock gating and power shut-off of unused units
  • Software- and hardware-controlled clock frequency
  • Wake-up on tick timer or external interrupt

Fast & Flexible Memory Access
  • Separate Instruction and Data Caches and MMU
  • AXI4 data & instruction buses (32-, 64- or 128-bit) with 4 GBytes direct addressable space on each bus
  • Tightly coupled Quick Memory (QMEM) interface for fast and deterministic access to code and/or data

Two-Level Cache and MMU
  • L0 cache running at core frequency and L1 cache running at half the core frequency
  • 1–16 Kbytes L0 caches, up to four-way set associative
  • 32–512 Kbytes L1 caches, up to four-way set associative
  • L0 MMU with up to 32 four-way associative entries
  • L1 MMU with up to 2048 four-way associative entries

Optional Integrated Peripherals
  • Vectored Interrupt Controller
  • Microcontroller peripherals such as GPIO, UART, Real-Time Clock, Timers, I2C, and SPI
  • Memory controllers, interconnect IP, and more

私的には、CPUコアより、ペリフェラルのIPの方に興味がある!
http://www.beyondsemi.com/34/peripheral-cores/

Cortex-A7/A8と同等レベルのAndroid向けプロセッサコア、ロイヤリティフリーで登場
http://eetimes.jp/ee/articles/1302/06/news048.html


1月 17

BeagleBornの拡張ボード


ちまたでは、Raspberry Piが安いので、組み込み入門用のボードとして広範囲に使われ始めています。ただ、ハード的な拡張性はあんまり期待できないかな?とも思っています。

安くて、拡張性のあるボードの代表選手はmbedなのですが、いかんせん、Linuxは動きません。Linuxが動く拡張性にとんだボードでBeagleBoardの弟文のBeagleBornと言うボードが販売になっています。
BeagleBone Product Details
http://beagleboard.org/bone

ArduinoだとShield(シールド)と呼ばれる拡張ボードですが、BeagleBornの場合Cape(ケープ)と呼ぶようです。
すでに、こんなにたくさんのケープが発売されているんですね!

BeagleBorn Capes
http://circuitco.com/support/index.php?title=BeagleBone_Capes