8月 03

フリースケールのi.MX7搭載の96BoardがQ4/2015にリリース( #ARM #Linaro #96Boards )

当初の発表通り96Boardsがどんどんリリースされています。今回で第4弾?

今度はフリースケールの新製品i.MX7での96Boardsです。

Freescale_i.MX7_96Boards

i.MX 7Dual 搭載とのことなので

  • 2x ARM Cortex A7 @ 1.0 GHz with 512KB L2 cache, 256KB SRAM, 96KB ROM

と、さほどパワフルではありませんが、32bitのローエンドの組み込みを狙える96Boardsになりそうです。

主要スペック Continue reading

6月 30

AMDのサーバー向け64bit SoC(Opteron A1100)を搭載した小型組み込み向け96Boardsが発表

AMDのサーバー向け64bit SoC(Opteron A1100)を搭載した小型の組み込み向け96Boardsが発表されました

96Boardsには2種類あり、ひとつは今まで発表されたRaspberry Piみたいな形状と大きさの物と、今回発表されたmini/nanoITXの様な形状の製品です。

AMD_96Boards今回発表されたボードは、基本的にはエンタープライズ(サーバー用)向けのSoCを使った96Boardsとなり、SoCの特徴としては、ハイパフォーマンス、SATA、PCIeなどが特徴で、今までのボードはスマホ/タブレット向けの省電力、カメラI/F付きのSoCが使われています。

Continue reading

5月 28

Actions Semiconductorの64bit ARM 96boards「Bubblegum-96」が登場 #ARM #Linaro

Actions Semiconductorから64bit ARMの96boarsが発表されました。

150528-0002

 

Wifi,BTは安定のHikeyと同じ技適が通ったモジュールを使用してるみたいだな〜!

スペック:

  • Actions S900 Quad-core 64bit ARM Cortex-A53 with PowerVR G6230 GPU
  • Memory 1-8GB DDR3, Storage support 4-64GB eMMC
  • HDMI,
  • USB2.0 host and Micro USB2.0,
  • WIFI.Bluetooth

詳しい動画は下記へ

Actions Bubblegum-96 Linaro 96Boards.org development board on quad-core ARM Cortex-A53 – ARMdevices.net

5月 02

Linaro 15.04 Release

Ultra-octa_Optimus_board

Linux Linaro 4.0-2015.04

  • updated linaro-android topic: aosp/android-3.18 branch has been merged
  • GATOR topic: version 5.20.1
  • updated integration-linaro-vexpress64 topic by ARM LT (FVP Base and Foundation models, and Juno support)
  • updated topic from Qualcomm LT (IFC6410 and DB410c boards support):
    • Resource Power Manager (RPM) – MSM Shared Memory Driver (SMD) driver
    • quite some changes under drivers/gpu/drm/ related to adv7511 and adv7533 support
    • ASoC support for QCOM platforms
    • external Connector Class (extcon) support (used for USB VBUS and ID detection)

Linaro builds of AOSP 15.04

  • baseline updated to android-5.1.1_r1
  • updated Nexus 10 CI for LAVA testing
  • added Optimus A80 Android Kitkat build

Linaro OpenEmbedded 2015.04

  • removed stress recipe in favor of oe-core recipe
  • updated linux-linaro to ll_20150422.0 (based on 4.0)
  • libevent-fb: OE-core updated to 2.0.22, fix require statement
  • APM mustang boot failure was tracked down to using ‘arm64′ as U-Boot arch for the initramfs header while the vendor U-Boot 2013.04 expects ‘arm’.
  • upstreaming – strace: fix build for aarch64; libgpg-error 1.18: simplify tuple handling and add armv8b support

Linaro 15.04 Release with Linux 4.0 and Android 5.1

2月 16

噂の ARM 64bit 開発者向けボードがついに登場! #ARMjp #ARM

かねてから噂のあったARM 64bitの開発用ボードが姿を現しました!

Applied_Micro_X-C1 Applied Micro X-GeneはARM 64bit CPUでは世界初の製品で、サーバー用途が目的のCPUです。 とうぜん、社内の開発もサーバー用だったために開発者向けに64bit CPUが提供されない状態でしたが、サーバー用のボードからシングルCPUだけを切り出した開発者向けボードがやっとお目見えしました!

Continue reading

6月 03

ARM Cortex®-A12,、Mali-T622、Mali-V500を発表 #ARM #embedded_jp #Linaro


今年のコンピュテックス台北はインテルのHaswell一色かと思いきや、ARMも新製品を発表して来ました!

まずは、だいぶ古くなりましたが、現在主流のCortex-A9と、次世代のハイパフォーマンスCortex-A15の真ん中に当たる製品のCortex-A12の発表。
目新しい仕様としては、Large Physical Address Extensions (LPAE)と言われる1TBまでのアクセスが可能になることぐらいかな〜。クロックあたりの性能はCortax-A9と比べて40%アップとなっています。詳しくはこちらへ
Cortex-A12 Processor
http://www.arm.com/ja/products/processors/cortex-a/cortex-a12-processor.php

次は、Mali-T622というGPU。Mali-T628(8シェーダコア)、Mali-T624(4シェーダコア)でしたので、2シェーダーコア構成のT600シリーズでは一番廉価でフットプリントも小さいものと思われます。詳しくはこちらへ
Mali-T622
http://www.arm.com/ja/products/multimedia/mali-graphics-plus-gpu-compute/mali-t622.php

最後に、Mali-V500。これはビックリ!のビデオENC/DECのIPの発表。GPUのMaliをCPUコアメーカーのARMが提供することにびっくりしましたが、今度はビデオプロセッサを提供!


  • Encode:H.264、VP8 
  • Decode:H.264、H.263、MPEG4、MPEG2、VC-1/WMV、Real、VP8
  • 解像度:1080/60p〜4k/120P

特出すべきはVPUでMMUを持ち、TrustZoneをサポートしていることです!
これで、いままで悩みの多かったDRMを解除後のビデオデコードをTrustZone領域で行うことが簡単に可能になります。詳しくはこちらへ
Mali-V500
http://www.arm.com/ja/products/multimedia/mali-video/mali-v500.php

GPUもVPUもARMからリリースされたということで、当然Linaroのサポート対象になりワクワク感が増します!





1月 10

【メモ】ARM系LinuxのOpenGL ESのドライバーのテストフレームワーク「Piglit」がリリース


Linaroチームのメンバーがx86用だったOpenGLのドライバーテストのフレームワークをARM用にポーティングして使えるようにしたらしい

Piglit OpenGL Driver Testing Framework Now Works with ARM Linux & OpenGL ES
http://goo.gl/Q1esH