7月 26

Raspberry Pi 互換の40pinコネクタとWiFi/Bluetoothを装備した超小型の$16のNanoPiボードが発売( #Raspberry_pi #IoT #ARM )

Raspberry Pi互換の40pinコネクタとWiFi/Bluetoothモジュール、カメラ/LCDコネクタ。それにデバッグ用のシリアルポート、I2S、I2Cポートを装備

このボードはアリ!ですね。NanoPiボードの完成度が素晴らし!

nanopi_zb

なんといっても、これだけ基板を小型にして、ちゃんと組み込んで使ってもらえるように4つのマウントホールが用意されている。小型化ばかりを目指すとこういう部分を疎かにして製品レベルから商品レベルになれない基板が沢山あるけど、これはちゃんとしてる。本当に量産で使ってもらいたいともうなら、まずこういう所が重要。カタログスペックにあらわれないけど、本当に重要。

シリアルポートもコンソール用に独立してコネクタが付けられていたり、超小型の割にはとにかくよく考えられた基板だと思う。

基板の裏を見ても手抜きした感じが見当たらない。

nanopi_bb

実に手間のかかった基板で、設計も手を抜いてないんだろうな〜と察しがつく。よくこの基板で$16が可能だな〜。シルクの配置も手抜きがない。デバッグしやすい。

NanoPiスペック:

Continue reading

5月 02

Linaro 15.04 Release

Ultra-octa_Optimus_board

Linux Linaro 4.0-2015.04

  • updated linaro-android topic: aosp/android-3.18 branch has been merged
  • GATOR topic: version 5.20.1
  • updated integration-linaro-vexpress64 topic by ARM LT (FVP Base and Foundation models, and Juno support)
  • updated topic from Qualcomm LT (IFC6410 and DB410c boards support):
    • Resource Power Manager (RPM) – MSM Shared Memory Driver (SMD) driver
    • quite some changes under drivers/gpu/drm/ related to adv7511 and adv7533 support
    • ASoC support for QCOM platforms
    • external Connector Class (extcon) support (used for USB VBUS and ID detection)

Linaro builds of AOSP 15.04

  • baseline updated to android-5.1.1_r1
  • updated Nexus 10 CI for LAVA testing
  • added Optimus A80 Android Kitkat build

Linaro OpenEmbedded 2015.04

  • removed stress recipe in favor of oe-core recipe
  • updated linux-linaro to ll_20150422.0 (based on 4.0)
  • libevent-fb: OE-core updated to 2.0.22, fix require statement
  • APM mustang boot failure was tracked down to using ‘arm64′ as U-Boot arch for the initramfs header while the vendor U-Boot 2013.04 expects ‘arm’.
  • upstreaming – strace: fix build for aarch64; libgpg-error 1.18: simplify tuple handling and add armv8b support

Linaro 15.04 Release with Linux 4.0 and Android 5.1

5月 17

Merrii TechnologiesがAllWinner A31を使用した組み込みボードを発売

Quad_Core_Hummingbird_development_boardMerrii TechnologiesがAllWinner A31を使用した組み込みボードを発売。 OSはAndroid 4.4、Linux 3.3 + Qtを用意し、SDKはソースコード付き。   US$70らしいのでかなりコストパフォーマンスは良いかも! Continue reading
6月 07

RockChip RK3188のLinux ソースコードが公開!


RK3188のソースが公開されたようなので、メモ代わりに!
https://github.com/aloksinha2001/Linux3188

とりあえず、git cloneして無くならないうちにソースを確保!
git clone git://github.com/aloksinha2001/Linux3188.git

一応、Configは下記の8個があるみたい

  • rk3168_86v_defconfig
  • rk3188_dongle_defconfig
  • rk3188_ds1006h_defconfig
  • rk3188_ds1006h_v1_0_defconfig
  • rk3188_hotdog_defconfig
  • rk3188_LR097_defconfig
  • rk3188_magicwand_defconfig
  • rk3188_steak_defconfig

Rockchip RK3188 Linux Source Code is Now Available
http://goo.gl/Nn0YE

6月 03

ALTERA FPGA SoCを使用したLinuxを組み込める小型モジュール


小ロットで、Linuxの組み込みをするには、この解もありかなと思っていましたが、さっそく、その目的のモジュールが出て来ました。


若干、単なるLinuxが動くボードと違うのは、Linuxが動くべきDRAM以外に、FPGAから別に256MBのDRAMが載っていることです。このアイデアは持ちあわせていませんでしたが、確かに、FPGAを使う意義を考えると、こういう機能が付いていることが重要だと思います。
  • SoC – Altera Cyclone V SX-U672 with FPGA logic and dual-core ARM Cortex-A9 up to 800MHz
  • System Memory – 1GB DDR3 RAM, and 256MB DDR3 FPGA RAM (optional)
  • Storage – 32MB QPSI NOR flash
  • FPGA I/O fabric:
    • PCIe  hard core
    • Up to 145 user-programmable I/O lines (including several 875MHz SerDes lanes)
    • 6x 3.124 Gbps transceivers
  • Connectivity – Dual Gigabit Ethernet
  • I/Os – 2x USB OTG, CAN, 2x UART, 4x I2C, 2 master / 2 slave SPI, GPIO,
  • JTAG connector
  • Temperature range – Commercial and industrial
  • Power management functions
  • Dimensions – 82 x 38mm
  • Connector – MXM 3.0 right-angle connector
ボード内のブロック図

Tiny module runs Linux on Altera ARM+FPGA SoC
http://linuxgizmos.com/tiny-module-runs-linux-on-altera-arm-plus-fpga-chip/


2月 14

ARM Cortex-A15の評価ボードが発売


$249のSamsung Exynos 5 (Cortex-A15) の評価ボードに替る$135ローコストの評価ボードが完成しユーザーの手元に届き始めたみたいです。


巨大なヒートシンクが携帯電話に使えるのか?と言う不安を煽りますが、まあ、それはそれとしてwww

仕様
  • CPU – Exynos 5 Dual ARM Cortex A15 Dual
  • GPU – Mali T604 Embedded GPU
  • Memory – 2GB DDR3 X32, 800MHz
  • Storage – MicroSD slot
  • Audio – ALC5631Q Line In/Out, SPDIF Coaxial type
  • Video – HDMI A Type
  • External Ports:
    • 2x USB2.0 Host
    • 1x USB3.0 Host
    • 1x USB2.0 Device
    • 1x SATA
    • 1x Ethernet RJ45
  • Expansions – 3 Headers (Further details should be available later this week)
  • CON16 – MIPI Master/Slave, 1x I2C, GPIO
  • CON19 – 3x serial interfaces, 2x I2C, 2x ADC, JTAG, USB, MMC, and reset
  • CON20 – I2S, Interrupt and GPIO pins, and System bus (EBI)
  • Power Supply – DC 5V, 3A
  • PCB Dimension – 95X85mm
  • Weight – 166 g
  • OS Support – Android JB+ (4.2.x), Linux and Ubuntu


私的にはSPDIFが付いている所にそそられます!ちゃんと動画再生できるようになっても、オーディオがしょぼいと今後のNet AudioとかSTBには使えないですよね!


$249のCortex-A15評価ボードはこんなのでした


2月 11

AtmelがCortex-A5を使ったSoCをリリース


Atmelが、SAMA5D3と言うARM Cortex-A5を使用したeMPUをリリース。
確かに、Atmelあたりが、このへんを狙ってくると、ArduinoでLinuxが動く高性能版もリリースされる可能性もあるのかな?

基本スペックは

  • ARM Cortex-A5 core up to 536MHz (850DMIPS).
  • Floating point unit (FPU) with up to 3 times the performance of Cortex A8 FPU.
  • 166MHz bus speed delivering up to 1328MB/s bandwidth.
  • Power consumption:
  • 0.5mW in low-power mode with SRAM, registers retention and
  • ~1.2µA in backup mode with RTC running
  • Connectivity:
  • Dual Ethernet and dual CAN ports (Only one model has both)
  • Gigabit Ethernet MAC with IEEE1588 and 10/100 MAC
  • Two CAN controllers
  • 3x HS USB ports that can be configured as three host or two host and one device port
  • 3x SDIO/SD/MMC ports, up to 7x UARTs, 2x SPIs, 3x TWIs, soft modem, CMOS sensor interface, 12-bit ADC, 32-bit timers, etc…
  • Display and Camera Support:
  • Graphic LCD controller (For most models)
  • Resistive touchscreen interface
  • CMOS sensor interface
  • 2x Synchronous Serial Controller (SSC) interfaces
  • 0>200mw>


EthernetとCANの組み合わせでデバイスが決まる感じです。


詳しい資料はこちら
http://www.atmel.com/Microsite/sama5d3/default.aspx

評価ボードはてんこ盛りな感じで、かなり高価です $595

評価ボードの購入はこちら
http://store.atmel.com/SearchResult.aspx?q=gsd:c-100113_k-sama5d3