7月 26

Raspberry Pi 互換の40pinコネクタとWiFi/Bluetoothを装備した超小型の$16のNanoPiボードが発売( #Raspberry_pi #IoT #ARM )

Raspberry Pi互換の40pinコネクタとWiFi/Bluetoothモジュール、カメラ/LCDコネクタ。それにデバッグ用のシリアルポート、I2S、I2Cポートを装備

このボードはアリ!ですね。NanoPiボードの完成度が素晴らし!

nanopi_zb

なんといっても、これだけ基板を小型にして、ちゃんと組み込んで使ってもらえるように4つのマウントホールが用意されている。小型化ばかりを目指すとこういう部分を疎かにして製品レベルから商品レベルになれない基板が沢山あるけど、これはちゃんとしてる。本当に量産で使ってもらいたいともうなら、まずこういう所が重要。カタログスペックにあらわれないけど、本当に重要。

シリアルポートもコンソール用に独立してコネクタが付けられていたり、超小型の割にはとにかくよく考えられた基板だと思う。

基板の裏を見ても手抜きした感じが見当たらない。

nanopi_bb

実に手間のかかった基板で、設計も手を抜いてないんだろうな〜と察しがつく。よくこの基板で$16が可能だな〜。シルクの配置も手抜きがない。デバッグしやすい。

NanoPiスペック:

Continue reading

6月 11

Raspberry Piを使用したMAVLinkプロトコルによるドローン用フライトコントローラーPIXHAWKとの通信

Raspberry Pi(ラズパイ、RPi)を使用したMAVLinkプロトコルによるドローン用フライトコントローラーPIXHAWK、PX4との通信

Raspberry Piを使ったドローンの応用があったので紹介したいと思います。

PIXHAWKではMAVLinkプロトコルというのを使用して、グランドステーションソフト(Mission Planner)と通信する仕組みになっています。

RaspberryPi_Pixhawk_wiring1

このサイトではシリアル接続を介しMAVLinkプロトコルを使用してフライトコントローラーのPIXHAWKと通信できるように、ラズベリーパイ(RPI)を接続して構成する方法について説明しています。

これによってPIXHAWKの32bitのマイコン(Cortex-M4)では処理しきれなかった画像認識などの追加のタスクをラズパイ側の高性能のSoCで実行することが可能になります。

Continue reading

6月 09

Raspberry Piを使ったHD FPVカメラをドローンに搭載

Raspberry Piを使ったHD FPVカメラをドローンに搭載

DSC_1015もしかして日経Linuxの連載と一部かぶった内容なのかもしれない。日経Linuxの連載はPhantom2にラズパイのカメラを搭載する方向なので、その部分は同じやり方かな?

このラズパイ、FPVの画像処理(カメラで撮ってエンコードして送信)だけでなく、テレメトリ情報もPIXHAWKから受け取ってラズパイのWiFiから伝送している。これはたぶん始めてじゃないかな?

Continue reading

6月 09

Erle RoboticsがDronecodeプロジェクトに参加

Erle RoboticsがDronecodeプロジェクトに参加

2015-04-16 16.26.18Beagle Born Blackをベースにして、Droneに必要なケープ(Arduinoで言うところのシールド)を付加することによりLinuxベースのドローンのフライトコントローラを開発・販売してきたErle RoboticsがDronecodeプロジェクトにジョインしてきました。

Continue reading

4月 22

SolidRun社からFreescale i.MX6を使用したRaspberry Pi互換のHummingBoardが発売

HummingBoard先日のAllwinner A20を使用したRaspberry Pi互換のBanana Piの登場には驚きましたが、今度は、Cu-Boxを販売しているSolidRun社からFreescale i.MX6を使用したRaspberry Pi互換のHummingBoardがもうすぐ発売されることがわかりました。 こちらはi.MX6を使っているので、一応、半導体メーカーとしては長期供給を保証しているので、組み込み案件にも対応できるかもしれません。 Continue reading
1月 30

XBMC 12.0 – Frodoがリリース



昨年3月にリリースされたVer.11からやっとVer.12がリリースされました。
主な変更点はDTS-MADolby Tru-HDのサポート、Androidプラットフォームのサポート、Raspberry Piのサポートなどです。

  • HD audio support, including DTS-MA and Dolby True-HD, via the new XBMC AudioEngine (OSX/iOS not yet available)
  • Live TV and PVR support
  • h.264 10bit (aka Hi10P) video software decoding for anime
  • 64bit support in OSX to match the 64bit support in Linux
  • Improved image support, allowing the database to accomodate numerous additional image types and more interesting and complex skins
  • Support for the Raspberry PI
  • Initial support for the Android platform
  • Improved AirPlay support across all platforms, including AirPlay audio in XBMC for Windows to match the other platforms
  • Improved controller support in Windows and Linux
  • Advanced Filtering in the library
  • Video library tags to complement movie sets
  • Advanced UPnP sharing
  • Default video languages now match the language being used by XBMC
  • Translations now powered by Transifex


XBMC 12.0 – Frodo
http://xbmc.org/natethomas/2013/01/29/xbmc-12-0-frodo/


1月 03

Raspberry PiでQt5


ubuntu Pnoneの登場で、そのUIの面白さにが注目されていますが、それを開発したのがQt5で、その中でもQMLと言う言語で開発しているらしいです。

既に、一家に一台あるRaspberry PiでもQt5を試すことができます!
とりあえず、Qt5で何が出来るかはこの動画



詳しくは
Qt5 and the Raspberry Pi
さっそく、やってみたい人は、「理ろぐ」の
Qt5をRaspberry Pi用にビルドする
 Qt ProjectでのRaspberry Piのちゃんとした情報は


Good Luck! 
12月 30

Raspberry PiでXBMCを動かす

Raspberry Piを手に入れて、まあ、普通にSDカードを作って、立ち上がってそのままにしてたんだけど、冬休みになって、色々さわってみました。その中で、やはり凄いと感じたのは「XBMC」です。これが、数千円で動くのですから驚きです!

Raspberry PiのXBMCの事をRASPBMCと言います。 http://www.raspbmc.com/

インストールはとても簡単で、Downloadのタグから、自分のOSにあったスクリプトコピペするだけどOKです。
私の場合はMacなので、四角で囲んだ部分をクリックし、OSXの部分をコンソールにコピペするだけです。

MacBook-Pro-2:~ Raspberry-PI himamura$ curl -O http://svn.stmlabs.com/svn/raspbmc/testing/installers/python/install.py

下線部を入力すると、直ぐにダウンロードが開始され下記のようになります。
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 13913  100 13913    0     0  10426      0  0:00:01  0:00:01 –:–:– 22622

次に、スクリプトを実行できるようにし
MacBook-Pro-2:Raspberry-PI himamura$ chmod +x install.py 

インストール用のスクリプトを実行します
MacBook-Pro-2:Raspberry-PI himamura$ sudo python install.py
Password:

Raspbmc installer for Linux and Mac OS X
http://raspbmc.com
—————————————-
Please ensure you’ve inserted your SD card, and press Enter to continue.

Enter the ‘IDENTIFIER’ of the device you would like imaged, from the following list:
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   1:                        EFI                         209.7 MB   disk0s1
   2:                  Apple_HFS Macintosh HD            749.3 GB   disk0s2
   3:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk0s3
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   1:             Windows_FAT_32                         58.7 MB    disk1s1
   2:                      Linux                         3.9 GB     disk1s2

次に、インストールするSDカードの場所を聞いてくるので、刺してあるSDカードを指定します。
Enter your choice here (e.g. ‘disk1s1’): disk1s1

It is your own responsibility to ensure there is no data loss! Please backup your system before imaging
You should also ensure you agree with the Raspbmc License Agreeement

良いか?と聞かれるので
Are you sure you want to install Raspbmc to ‘/dev/disk1s1’ and accept the license agreement? [y/N] y
Downloading, please be patient…
Downloaded 15.79 of 15.79 MiB (100.00%)

しばらくするとダウンロードが終了し、SDカードに自動的に書き込まれます。
Unmounting the drive in preparation for writing…
Unmount of all volumes on disk1 was successful
Please wait while Raspbmc is installed to your SD card…
(This may take some time and no progress will be reported until it has finished.)
0+1174 records in
0+1174 records out
76800000 bytes transferred in 14.820558 secs (5181991 bytes/sec)
Installation complete.
Unmounting the drive in preparation for writing…
Unmount of all volumes on disk1 was successful
Mounting the drive for post-installation settings
Volume (null) on /dev/rdisk1s1 mounted

その後、自分の環境に合わせてY/Nを選びます。
Would you like to install Raspbmc to a USB stick – note this still requires an SD card to boot from [y/N] N
Would you like to configure networking manually? This is useful if you are configuring WiFi or a non-DHCP network [y/N] N
Unmounting the drive in preparation for writing…
Unmount of all volumes on disk1 was successful

Raspbmc is now ready to finish setup on your Pi, please insert the SD card with an active internet connection

MacBook-Pro-2:Raspberry-PI himamura$ 
プロンプトが出たらSDカードを抜き、Raspberry Piに差し込みブードさせます。

Raspberry Piでブートが始まると、XBMC本体のダウンロードが始まります。








リブートし、RASPBMCが立ち上がり、ロゴも変わります!




めでたく、XBMCが立ち上がりました!

しっかりと2Dアクセラレータも効いているようで、画面の動いは滑らかです。