7月 13

ロシアで発売予定だった初の商用Tizenスマホ「Samsung Z」─無期限発売延期に | リンゲルブルーメン

image_thumb40(。ノω<。)ァチャ- こりゃ駄目だ〜
Samsungは、ロシアで6月末に発売する予定だったTizenスマホ「Samsung Z」の発売を無期限に延期したと明らかにしました。
引用元: ロシアで発売予定だった初の商用Tizenスマホ「Samsung Z」─無期限発売延期に | リンゲルブルーメン.
6月 11

サムスン、新発売のタブレットにインテルのプロセッサ採用


「Tizen適用端末の種類を拡大する第一歩」とか書いてあるけど、わざわざIntel CPUでSamsungがTizen端末をやる意味が見いだせない。単にx86でAndroidとWin8のタブレットをやるだけじゃないのかな〜?
サムスン、新発売のタブレットにインテルのプロセッサ採用。Tizen適用端末の種類を拡大する第一歩
http://www.atlasrnc.jp/11716
6月 04

Tizenが使われているという噂のSamsungの一眼デジカメのNX300、NX2000のソースコードがリリース!


最近Samsungから発売されたミラーレス一眼のNX300とNX2000のソースコードがリリースれれたらしい!

この2つのカメラはTizenが使われていると言われているデジカメなので、ライセンスに従いOpen Sourceとして公開すべきところをちゃんとやってきたにしか過ぎないのだが、ほんとにデジカメのOSがTizenなのかどの部分がTizenたる部分なのかがわかることになる!

まあ、全部が全部公開されてるわけではないけどとうとう、デジカメもカスタムROMが可能な時代になるのですね!



Redesign your own camera! Samsung NX300, NX2000 source code released
http://www.imaging-resource.com/news/2013/05/28/redesign-your-own-camera-samsung-nx300-nx2000-source-code-released



3月 05

【速報】Titanium MobileのTizenのPreview版がリリース!


いよいよTizenでもTitanium SDKを使ってアプリ開発ができるようになりました!
これで、Tizenもメジャーデビューでしょうかw!




Titanium Mobile Tizen Preview now available
http://developer.appcelerator.com/blog/2013/02/titanium-mobile-tizen-preview-now-available.html

2月 07

【メモ】スマホ開発者が知るべきTizenやFirefox OSの特徴~第35回 HTML5とか勉強会 – Web+OS最前線!レポート


先日登壇してしゃべってきた内容がとてもよくまとめられていたので、メモ!


スマホ開発者が知るべきTizenやFirefox OSの特徴~第35回 HTML5とか勉強会 – Web+OS最前線!レポート
https://event.atmarkit.co.jp/events/d559c6b95217176d7998a67c915d93c7/atmarkit_report


本勉強会で使われた講演資料や講演動画は、「第35回 HTML5とか勉強会 – Web+OS最前線! | イベントカレンダー+ログ」から一覧できます。
http://goo.gl/9nWCT

1月 30

Tizen 2.0AlphaのHTML5 Testのスコアが上がっている!


最新のHTML5Testのサイトを見たら、モバイル部門のdevelopment or betaの欄が変更されていた。
 下の写真にあるように、前回までは462というスコアで、一番早いBaiduブラウザの482に負けていましたが、今回は、485と言うスコアで、最高点を叩きだしたみたいです。まだ、こんな性能のTizenのソース落ちてきてないんですけどw

それより、気になるのがBlackBerry10です!1ポイント差に肉薄してきています。こちらは、既に販売開始になる製品なので、実用レベルでは一番いいスコアなのかもしれません。


1月 22

「HTML5とか勉強会」で登壇して来ました


昨日、第35回「HTML5とか勉強会」で、「Tizenの概要」と題して、15分程度しゃべってきました。
http://html5j.komasshu.info/ri35th.html

発表資料はこちら

15分程度しか話せなかったけど、少し補足(になってないけどw)してみます。

間違った情報を鵜呑みにしているという話

最後まで聞いてもらえればわかることなんだけど、Tizenには「大本営発表が無い!」ということ。最悪なのは、Tizen AssociationIntelSamsungLinux Foundationの4つのグループからのバラバラなアナウンスになっているということ。
そういうことに気づかないで、どこからの発表なのかを知らないで、そのアナウンスを鵜呑みにしてしますという怖さ(ニュースリリースやインタビュー記事にしたニュースを読んだその道のプロたちあるいは、影響力なある人たち)

例えば、MeeGoとLiMoが前世と言ってる公式発表をしているグループと、リリースされている中身からわかる前世は違うということ

MeeGoから流れてきたTizenとSLPから流れてきたTizenは現時点ではまったくもって別物で、Tizen IVIとTizen Mobileは区別すべき製品であるということ。

次にintelは自社のCPUを売るためにTizenをやっていて、決してHTML5の普及のためにやっているのでは無いということ。そんなの当たり前ジャンと思うかもしれないが、要するにIntelはTizen IVIをARM用には作らないよ!って言うこと。
また、x86のスマホが登場しても、そのCPUはAndroidでしか使う気がなく、けっして、x86のTizen Mobileが登場することは無いということ!

ただ、Samsung(の半導体事業部)はシタタカにIVI用に自分たちのExynosシリーズを持ってくる可能性が無いとはいえないです。そうなると、それはそれでTizenの市場は面白くなるような気もします。

昨年の組み込み関係の展示会でTizenの展示があったのは、Linux Foundationがブースを持ってTizenの普及に務めていたのではなく、IntelのブースでのTizenの展示であるという事を間違ってはいけない。

HTML5でアプリを書けばというけど

HTML5を使えばプラットフォームに共通なアプリが書けるとか、そういう話はどうでもよくて、Tizen IVIは7インチの横置きが前提、Tizen Mobileは携帯電話の大きさで縦使いが前提。
しかも、Tizen IVIは車の振動の中で操作ができなきゃいけないという前提になるから、アイコンもバカでかかったり、音声でのコントロールが前提になるけど、Tizen Mobileはそんな必要はない。

だから、もともとTizenの中でも、共通のアプリなんか作れるわけがない!
HTML5がどうのこうのって言う以前の問題!


途中で\(◎o◎)/!ゲストとして、KDDIの田中社長がいらっしゃって、楽しい会話がw

KDDI、Firefox OS搭載スマホの販売を検討–田中社長が明かす
http://japan.cnet.com/news/service/35027172/

Tizen Japanコンソーシアムでは、KDDI様に開発者支援制度で開発コミュニティー用のサーバーを無償で貸して頂いております。心が広いですね〜!Tizenを採用すると言う噂のどこかのキャリアさんと違って!

1月 15

【メモ】漢字も使える!「日本語フリーフォント」42個選びました【無料】


この種の「フリーフォント」のまとめはよく【メモ】するのですが、今回も良いまとめだったのでメモ!

私のお勧めは、なんといっても瀬戸フォント
JIS第4水準まで入ってる手書きフォントはこれだけ!私のTizen Dev PhoneFirefox OSのスマホの日本語フォントもこれを使っています!


漢字も使える!「日本語フリーフォント」42個選びました【無料】

http://creive.me/archives/971/