1月 06

AllWinner A20を搭載したPico ITX ボードがseeedから登場!

seeedから AllWinner A20を搭載した Pico ITX ボードが発売

PhoenixA20 本家のANICHIPSからは$59で発売されていて、seeedだと$63.8で発売される。 (PhoenixA20 – First Pico-ITX board using Allwinner SoC only $59 – Anichips Technology) 色んな物をまとめて買うならseeedから買うのが良いのかな! (PhoenixA20 – First Pico-ITX board [800113001] – $63.80 : Seeed Studio Bazaar, Boost ideas, extend the reach) Android以外にちゃんとUbuntuもサポート(ソースもあるし!)されていたりして、RockChipよりやっぱり使いやすそうだな〜 Continue reading
3月 05

ubuntuはAndroidグラフィックスドライバーを使用した Mir ディスプレイサーバーを採用


ubuntu Phone、ubuntu タブレット、Firefox OSなど、Andoridを踏み台にして、その上に自分たちの環境を構築する方法が、スマートフォン、タブレット、TV、STBなどで一般化しつつあります。

ハード屋さん的な発想だと、現在のARMを使ったSoCのターゲットがほとんどがAndroid製品を作ることを目的としているので、チップメーカーからのBSP(あるいはSDK)が、Xが動く標準的なLinuxをサポートしていないということに原因があるような気がします。
要するに、作れば売れるAndroid市場にしか興味がなく、そこで売れるためのドライバーなどのソフトサポートしかしない方向。特に中華SoCはその傾向!

一方、ソフト屋さん的には、Xサーバーも古くなりWeylandを使用する方向に行くのでしょうか?

しかし、ubuntuはXもWaylandも使用しない第三の選択をするようです。



  • Mirは、Canonicalで開発され、X.OrgまたはWaylandに基づいていない新しいディスプレイサーバ
  • Androidのグラフィックスドライバがサポート
  • 既存のDRM / KMS /Mesa/GBM(オープンソースのLinuxグラフィックスドライバ)が動作する。Canonicalは、そのドライバの互換性を確保するためにバイナリブロブベンダーに働きかけている
  • 統合されたroot-less X.Org Serverを介して古いX11のアプリケーションはサポートされる
  • CanonicalはMirでネーティブアプリはGTK3とQt/QMLツールキットでサポート
  • Mirは、Ubuntu PhoneからUbuntu Linuxのデスクトップのすべてのフォームファクタに使用される
  • Mirは今年の10月までにubuntu Phone OSで用意され、1年以内に他のフォームファクタ(デスクトップ)に用意されるだろう


Mir開発の3つのマイルストーン

  • 2013年5月:Mirと次のUnityを統合することに向けた最初のステップを完了
  • 2013年10月:UnityとMirはUbuntu Phoneをサポート。デスクトップとラップトップには、レガシーモードでアクセス
  • 2014年4月:完全にMirディスプレイサーバーに移行

Ubuntu 14.04 LTSは完全に新しいディスプレイサーバを使用する最初のリリースになる
Future Versions of Ubuntu To Feature Mir Display Server Compatible With Android Graphics Drivers
http://goo.gl/NHo10

Ubuntu Announces Mir, A X.Org/Wayland Replacement
http://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=MTMxNzI





1月 21

RK3066 HDMIドングル用のUbuntu「PicUntu」が登場!


Ubuntu 12.10がベースらしい!これは期待!フルHDで動くし!



概要


* Based on Ubuntu Qantal 12.10
 * Minimal download
   – In case you are using Linux – only 23kb. Pre-picuntu, will download the required images
   – In case of other OS –  only 170Mb. Picuntu-da-server package, will download more packages, depending on your selection.
* Run most complex computer tasks, at no more than 10W of power. Performance nearing i3 based laptops.
* Comprehensive menu driven configuration – no more command lines – even in text mode.
* Full HD – 1920 x 1080p resolution
* CPU frequency management: CPUFREQ – Dynamic clocking upto 1.6Ghz
* Play flash on web pages
* Internal Wifi is working
UG802, MK808. Balance to follow
 * Configure the following using menu mode
  * Network: Wifi, LAN, dhcp, static, gateway, routes, name server
  * Sound card
  * System performance
  * Network tools
 * Manage services
  * Start, stop, status, restart running services
* Can install PicUntu on SD Card, USB thumb drive OR USB Harddisk (Tested on 1TB Seagate Expansion Drive)
 * Once the base is installed – you can choose from to select some or all of the following packages
    Apache, mysql: apache2 php5 mysql-server-5.5 phpmyadmin
    Mail/Bind package: sendmail mailutils dnsutils bind9 fetchmail
    Windows network file server – samba
    Content manager: Joomla. Installs and configures
    Media server: Media tomb
    Webmin: Install and configure
    xfce – xubuntu-desktop
    Gnome
    Libreoffice: office suite, a MS Office clone
    Flash: browser-plugins, gnash (Highly recommended)
    Remote Desktop Server: Run remote X using any rdp/vncclient
    Java JDK: openjdk-7-jre-headless openjdk-7-jre-lib openjdk-7-jre
    Gcompiler: gcc gdb gcc-4.7 cpp cpp-4.7 binutils-gold libgcc1-dbg autoconf automake cpp-doc autotools-dev
    Editors: bluefish geany
    Kernel source: Yes, the kernel source can now be selected during install. (Great tool for those of us, who want the nuts and bolts.)


PicUntuインストールガイド
http://ubuntu.g8.net/index.php/installation-guide
1月 17

Ubuntu12.04搭載タブレットが販売


イタリアのDaVinci Mobileと言う会社から、Ubuntu12.04が走る10.1インチのタブレットが販売されるらしい。
主なスペックは


  • SoC – Samsung Exynos Quad-Core Cortex A9 processor @ 1.4 Ghz + Quad-Core Mali-400MP GPU
  • System Memory – 2GB DDR3
  • Storage – 32GB flash + microSD card socket
  • Display  – 10.1 “IPS Multi-touch Capacitive Panel (1920×1200) with a viewing angle of 178 °
  • Connectivity
  • Wi-Fi – 82.11 b/g/n
  • Bluetooth 4.0
  • GPS-  A-GPS
  • Sensors – Gyroscope
  • Camera – VGA front camera, 2.0 MP rear camera
  • USB – miniUSB port
  • Audio I/O – 3.5 mm jack for headphones
  • Battery – 5400mAh 3.7V
  • Weight – 539g
  • Dimensions – 258.3x164x9.5mm
と、10インチFullHD、クアッドコアのExynos4412を使用。なかなか、(・∀・)イイ!!スペック
もちろん、Android 4.0(ICS)も動きます。

おねだんは €373

♬人柱はおらんかね〜♬