AllWinner A20を搭載したPico ITX ボードがseeedから登場!

この記事は約3分で読めます。
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

seeedから AllWinner A20を搭載した Pico ITX ボードが発売

PhoenixA20 本家のANICHIPSからは$59で発売されていて、seeedだと$63.8で発売される。 (PhoenixA20 – First Pico-ITX board using Allwinner SoC only $59 – Anichips Technology) 色んな物をまとめて買うならseeedから買うのが良いのかな! (PhoenixA20 – First Pico-ITX board [800113001] – $63.80 : Seeed Studio Bazaar, Boost ideas, extend the reach) Android以外にちゃんとUbuntuもサポート(ソースもあるし!)されていたりして、RockChipよりやっぱり使いやすそうだな〜 それにしても、ARM系の組込みボードは$60と言うのが普通になってくるのかな〜 こういう価格を見て、ARM系の組込みボードは安いと思う人がいるかもしれないけど、あくまでもホビー向けのボードなのでB2Bに使うボードは、この4倍〜5倍ぐらいの値段だと思わないとダメ!

仕様

CPUARM Cortex-A7 dual-core
GPUARM mali400 mp2
Memory
1G Bytes DDR3
4G Bytes On board Nand Flash
32G Bytes Micro SD card(expansion)
Video
UHD 2160P video decoding
3D video decoding
Support various video decoding formats, including VP8, AVS, H. 264 MVC, VC-1, MPEG-1,2,4, etc
H.264 HP video encoding up to 1080p @ 30 fps or dual-channel 720p @ 30 fps
Display Interface
HDMI
VGA
LVDS(expansion)
RGB(expansion)
CVBS(expansion)
Camera InterfaceCSI
Net
10/100M Ethernet
WIFI
Bluetooth 4.0
Extended Pins4×UART,2×IIC,1×IIS,1×CVBS,4×TVIN,2×Line IN,1×SPDIF,2×PWM,2×LRADC,2×FMIN,1×Headphone,4×TVOUT,MIC,IR,TP
OS
Android 4.2 or up
Ubuntu 13.10
Debian 7
Linux3.3 or up

ドキュメント類

Wiki pageSource Code 
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメント

タイトルとURLをコピーしました