近藤科学、全段メタルギヤを採用したハイパワーロボット用サーボを発表

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

011l近藤科学が新型のコアレスモータを採用し、コンパクトながら最大トルク25.0kgf・cmを実現。ギヤも全段メタルギヤに変更し、従来より耐久性を向上させたロボット用コアレスモーターを発売 通信仕様はICS3.5でシリアル、PWMともに使用できるほか、「KRS-2552RHV」および「KRS-2542HV」とケースは同寸 法、ロボットのパーツを取り換えることなく無加工で交換することが可能。特に「KHR-3HV」の足サーボを交換することで、安定性が向上する。 仕様(11.1V時、静止状態)価格はオープン価格ながら、参考価格は1万1000円(税別)としている。
  • 最大トルク:25.0kgf・cm
  • 最高スピード:0.13s/60°
  • 寸法:41mm×21mm×30.5mm(突起部除く)
  • 重量:47.7g(透過タイプボトムケースの場合は47g)
  • 最大動作角度:270°
  • ギヤ種類:全段メタルギヤ
  • ケース材質:ガラス入り樹脂
  • ギヤ比:309.11:1
  • 電源電圧:HV仕様(9V~12V)
  • 通信規格:ICS3.5(シリアル/PWM選択式)
  • 通信速度:115200/625000/1250000bps
  • 初期設定:ID0/BR115200
  • 信号レベル:TTL
  • 回転モード:可
引用 近藤科学、全段メタルギヤを採用したハイパワーロボット用サーボを発表 | マイナビニュース
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください