Raspberry Piを使用したMAVLinkプロトコルによるドローン用フライトコントローラーPIXHAWKとの通信

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

Raspberry Pi(ラズパイ、RPi)を使用したMAVLinkプロトコルによるドローン用フライトコントローラーPIXHAWK、PX4との通信

Raspberry Piを使ったドローンの応用があったので紹介したいと思います。

PIXHAWKではMAVLinkプロトコルというのを使用して、グランドステーションソフト(Mission Planner)と通信する仕組みになっています。

RaspberryPi_Pixhawk_wiring1

このサイトではシリアル接続を介しMAVLinkプロトコルを使用してフライトコントローラーのPIXHAWKと通信できるように、ラズベリーパイ(RPI)を接続して構成する方法について説明しています。

これによってPIXHAWKの32bitのマイコン(Cortex-M4)では処理しきれなかった画像認識などの追加のタスクをラズパイ側の高性能のSoCで実行することが可能になります。

RaspberryPi_MissionPlanner

詳しくは下記から

[Communicating with Raspberry Pi via MAVLink | Developer]

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください