6月 11

Raspberry Piを使用したMAVLinkプロトコルによるドローン用フライトコントローラーPIXHAWKとの通信

Raspberry Pi(ラズパイ、RPi)を使用したMAVLinkプロトコルによるドローン用フライトコントローラーPIXHAWK、PX4との通信

Raspberry Piを使ったドローンの応用があったので紹介したいと思います。

PIXHAWKではMAVLinkプロトコルというのを使用して、グランドステーションソフト(Mission Planner)と通信する仕組みになっています。

RaspberryPi_Pixhawk_wiring1

このサイトではシリアル接続を介しMAVLinkプロトコルを使用してフライトコントローラーのPIXHAWKと通信できるように、ラズベリーパイ(RPI)を接続して構成する方法について説明しています。

これによってPIXHAWKの32bitのマイコン(Cortex-M4)では処理しきれなかった画像認識などの追加のタスクをラズパイ側の高性能のSoCで実行することが可能になります。

Continue reading

6月 10

DronecodeのプラットフォームであるPIXHAWK2の基板の画像

DronecodeのプラットフォームであるPIXHAWK2の基板の画像

オープンソースのドローン用フライトコントローラーソフトのDronedcodeが動くPIXHAWK2の画像が公開(あるいは流出)?されました。

DJI社のA2のIMUぐらいの大きさのがわかる写真はあったのですが、基板の雰囲気はやっとこれでわかります。こちらは4月んのNABでの写真

22711_954327581244275_4068012123746716929_n

この基板はメインコントローラーだけが載って居るようで、これがデカイのがQualcommSnapdragon 600APQ8064」 SoCだろうな〜

11415509_10204511821184107_4461791947532509580_o

Continue reading

6月 09

Raspberry Piを使ったHD FPVカメラをドローンに搭載

Raspberry Piを使ったHD FPVカメラをドローンに搭載

DSC_1015もしかして日経Linuxの連載と一部かぶった内容なのかもしれない。日経Linuxの連載はPhantom2にラズパイのカメラを搭載する方向なので、その部分は同じやり方かな?

このラズパイ、FPVの画像処理(カメラで撮ってエンコードして送信)だけでなく、テレメトリ情報もPIXHAWKから受け取ってラズパイのWiFiから伝送している。これはたぶん始めてじゃないかな?

Continue reading

6月 09

Fpv 3D caMからドローン用FPVステレオカメラ「BlackBird2」が登場

Fpv 3D caMからドローン用FPVステレオカメラ「BlackBird2」が登場

 

3dfpvblackbird2fototest13dfpvblackbird2fotofrontside1Oculusの登場により、ドローンで使用するFPVも3Dで見たくなります。今までもFPV 3D CAM社から小型のステレオカメラが発売されていました(http://fpv3dcam.com/index.php/en/)が、この度Ver.2として新製品が発表になりました。発売は8月頃の予定 Continue reading

5月 28

Allwinner H3 搭載の「Orange Pi 2」がリリース #ARM

Allwinner H3 搭載の「Orange Pi 2」がリリースされました

Raspberry Pi 2への対抗でしょうか?性能もほぼ互角かな?

Orange_Pi_2 (1)

 

仕様:

  • SoC – Allwinner H3 quad core Cortex A7 @ 1.6 GHz with 256KB L1 cache, 1MB L2 cache, and an ARM Mali-400MP2 GPU up to 600 MHz
  • システムメモリー – 1GB DDR3
  • ストレージ – micro SD card slot (up to 64GB)
  • ビデオ出力 – HDMI (CEC and HDCP support), AV port
  • オーディオ – HDMI, AV port, on-board microphone
  • ネットワーク – 10/100M Ethernet, 802.11 b/g/n Wi-Fi (Realtek module, not found on mini version)
  • USB – 4x USB 2.0 host ports, 1x micro USB OTG port
  • カメラ I/F – CSI Interface
  • 拡張ピン – 40-pin Raspberry Pi Model A+/B+ (mostly) compatible header with 28 GPIOs, UART, I2C, SPI, PWM, CAN, I2S, SPDIF, LRADC, ADC, LINE-IN, FM-IN, and HP-IN
  • デバッグポート – 3-pin UART header for serial console
  • その他 – IR receiver; Power, reset, and u-boot buttons; Power and Ethernet LEDs
  • 電源 – 5V/2A via barrel jack (micro USB OTG cannot be used to power the board).
  • 大きさ – 93 x 60 mm
  • 重さ – 46 grams

詳しくは下記へ

Read more: http://www.cnx-software.com/2015/05/27/allwinner-h3-based-orange-pi-2-board-price-drops-to-as-low-as-25/#ixzz3bOTFof5X

5月 28

Actions Semiconductorの64bit ARM 96boards「Bubblegum-96」が登場 #ARM #Linaro

Actions Semiconductorから64bit ARMの96boarsが発表されました。

150528-0002

 

Wifi,BTは安定のHikeyと同じ技適が通ったモジュールを使用してるみたいだな〜!

スペック:

  • Actions S900 Quad-core 64bit ARM Cortex-A53 with PowerVR G6230 GPU
  • Memory 1-8GB DDR3, Storage support 4-64GB eMMC
  • HDMI,
  • USB2.0 host and Micro USB2.0,
  • WIFI.Bluetooth

詳しい動画は下記へ

Actions Bubblegum-96 Linaro 96Boards.org development board on quad-core ARM Cortex-A53 – ARMdevices.net

5月 27

Raspberry Pi用のArduinoアダプター

Raspberry Pi用のArduinoアダプター

103990079仕様:
1.Arduino connector : for connecting Arduino shields
1.2.ICSP interface : Arduino ICSP
2.XBee connector : for connecting XBee communication modules
3.Sensor interface : for connecting sensors
4.Raspberry Pi connector : for connecting Raspberry Pi
5.USB TO UART
6.TLC1543 : AD converter
7.PCF8563 : RTC
8.CP2102
9.32.768KHz crystal : for RTC
10.Power indicator
11.XBee state LED
12.XBee and Arduino interface RESET button
13.XBee EASYLINK button
14.RTC battery holder : for CR1220 button battery
15.TLC1543 reference voltage configuration jumper
16.RTC jumper
17.UART jumper
when connecting P_RX and CP_TX, P_TX and CP_RX respectively, USB TO UART is connected to Raspberry Pi serial port
when connecting XB_RX and CP_TX, XB_TX and CP_RX respectively, USB TO UART is connected to XBee serial port
when connecting XB_RX and P_TX, XB_TX and P_RX respectively, Raspberry Pi serial port is connected to XBee serial port
18.Arduino AD selection jumper
short 2 and 3 : Arduino A0-A5 as AD input
short 1 and 2 : Arduino A0-A5 as digital control
19.Arduino I2C selection jumper
short the jumper : Arduino A4-A5 as I2C control (the A4-A5 of Arduino AD selection jumper should be opened)
20.Arduino SPI selection jumper
short 1 and 2 : Arduino D11-D13 as SPI control (default)
short 2 and 3 : Arduino D11-D13 as digital control
103990079 1

詳しくはこちらから!

5月 27

Arduino互換のホームコントロールボードがキックスターターに登場

Arduino制御のホームコントロールボードがキックスターターに登場

aa5cea82398a5efbe5c7d241888a0720_original

これは使えそうですね!国内では販売するなら電取とか取得する必要があるかもですが、ほぼほぼ必要な物は揃ってるので直ぐに使えるかな!

だれかACアダプタベースにしてmbedで!

Automation Board by GarageLab, LLC — Kickstarter

5月 14

サムソンがIoT向けSoC(Artikファミリー)を発表

Artik_10_Block_Diagram

IoTというより、組み込み向けSoCですね。ルネサスのRX/RZシリーズに相当しそう。

DDRなどがPOPになってるので、ボードの設計が楽で良いよな!

  • Artik 1
    • SoC – Dual Core MIPS32 processor @ 250MHz (microAptiv UP) and 80MHz (microAptiv UC) without GPU
    • Memory – 1MB RAM on-chip
    • Storage – 4MB SPI flash
    • Display – Up to WVGA (800×480)
    • Connectivity – Bluetooth Low Energy with chip antenna
    • Security – Secure element
    • Sensor – 9-axis motion sensor with gyroscope, accelerometer and magnetometer
    • Dimensions – 12×12 mm
  • Artik 5
    • SoC – Dual core ARM processor @ 1GHz with ARM Mali 400 MP2 GPU
    • Memory – 512 LPDDR3 (on-chip)
    • Storage – 4GB eMMC (on-chip)
    • Display – TBD
    • Video Decode/Encode – H.263/H264/MPEG-4/VP8 (720p)@30fps and decoding of MPEG-2/VC1/Xvid
    • Connectivity – Wi-Fi, Bluetooth Low Energy, Zigbee/Thread
    • Security – Secure element, TEE (Trustzone)
    • Expansion – 60-pin and 40-pin headers for USB, MIPI, I2S, I2C, SPI, UART, Analog inputs, etc…
    • Sensor – N/A
    • Dimensions – 29x25mm
  • Artik 10
    • SoC – Octa core processor with 4x ARM Cortex A15 @ 1.3GHz, 4x ARM Cortex A7 @ 1.0 GHz, and ARM Mali-T628 GPU
    • Memory – 2GB LPDDR3 (on-chip)
    • Storage – 16GB eMMC
    • Display – TBD
    • Video Encode/Decode – 1080p@120fps H.263/H.264/ MPEG-4/VP8 + MPEG-2/VC1 decoding
    • Audio – HW 5.1 Channel I2S + TDM up to 8 Channels + HW mixer 
    • Connectivity – Wi-Fi, Bluetooth Low Energy, Zigbee/Thread
    • Security – Secure element, TEE (Trustzone)
    • Sensor – N/A
    • Expansion – 80-pin and 40-pin headers for USB 2.0/3.0, MIPI, I2S, I2C, SPI, UART, Analog inputs, etc…
    • Dimensions – 39×29 mm
5月 14

MedhiaTekがbig-LITTLEではないTri-Cluster構成のSoCを発表

528bd045e3c60cc7b3cdf6888b9661b6-500x282

こういうの凄いな〜と思うわけです。10コアとかはどうでもいいんだけど。

噂ではQualcommもTri-Clusterの製品を企画しているみたいだけど、正式発表はこちらが先かな?

今までのgig-LITTLEのLinuxはLinaroが先導してきたけど、Tri-ClusterのLinuxはどうするんだろう?MeduaTekが独自に開発するのかな〜?こういう3クラスタの構成なんかを独自に思いつくわけでもないので、ARMが当然サポートしてるとは思うけど、とにかく凄い!と思う。

台湾MediaTek、10コアSoC「Helio X20」を正式発表 | GGSOKU – ガジェット速報