ESECでオムロンソフトウェアとNTTドコモ「ウェアラブル 伝票認識システム」を参考展示

この記事は約1分で読めます。
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

l_ayagi_esec14_0515_fig01オムロンソフトウェアはESEC2014でOCR、パターンマッチング、バーコードリーダーなどの画像処理技術を組み合わせた「画像認識ソリューション」を披露。その具体的な活用例として、Android搭載のスマートグラスに各種画像認識技術を搭載して、伝票の読み取りを行う「ウェアラブル 伝票認識システム」(参考出品)のデモを実演。宅配業者に向けたもので、2014年内の導入を目指し、現在、NTTドコモと共同開発を進めているらしい。 「手書き郵便番号認識」「バーコード認識」「マーク認識」を搭載することで、伝票に記載されている届け先の郵便番号、指定配送時間などを認識できる 引用 ESEC2014 速報:オムロンソフトウェアとNTTドコモ、「ウェアラブル 伝票認識システム」を参考展示 – MONOist(モノイスト)
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメント

タイトルとURLをコピーしました