インテルEdisonとArduino互換ベースのデュアルCPU教育用マルチコプター「Eedu」がキックスターターに登場

この記事は約1分で読めます。
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

インテルEdisonとArduino互換ベースのデュアルCPU教育用マルチコプター「Eedu」がキックスターターに登場

インテルEdisonモジュール側でどんなソフトが動くかは不明ですがYactoベースの普通のLinuxが乗るようです。多分こちらに画像処理とかネットワークとを担当させるのかな?

001b879e0c59e4022ef6dbf1b1dec437_original一方Atmel  Cortex-M7の方は構成的にはArduino互換になっており、Arduinoのシールドが搭載できるような機構になっています。このアイデアとデザインは秀逸!

部品配置から見てAtmel Cortex−M7のCPUがフライトコントローラになってるので、APMが乗るのかな?でもだからと言ってArduino感覚でセンサを付けてソフトをささっと書くのは難しいかも。

cf78d6a7d12194b722bc1a8cdcb39c4e_original感覚的には空飛ぶマインドストームと言う感じで、手軽にドローンの研究開発が出来る様になることは素晴らしい。

この種の物をRobotics Development Environment (RDE) って言うんですね

詳しくは下記へ

Eedu™ – An easy educational drone kit for learning robotics! by Skyworks Aerial Systems — Kickstarter

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

コメント

タイトルとURLをコピーしました